浜松市中区の税理士事務所、会計事務所。低価格、効率的な会計業務をご提供します。

小規模法人、新設法人専門の税理士事務所・会計事務所

小林弘明税理士事務所

〒430-0904 静岡県浜松市中区中沢町29番11号

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

無料相談実施中!!

お気軽にお問い合わせ下さい!!

053-474-0119

商法:民法と異なる規定


商法では、民法と異なった規定が設けられています。

商法は、営利行為を継続的かつ計画的に行う独立した経済主体に関する法に
なります。

企業は、利益をあげることを目的としていますから、集団的、反復的に
取引を行わなければなりません。

そのためには、円滑で確実な取引が迅速に行われることが必要となります。

このような理由から、企業の取引について規定する商法には、
民法とは異なる規定が設けられています。

このように同じ取引に対して、民法と商法で異なる取り扱いをする場合が
あります。

民法と商法のどちらが適用されるかを、明確に判断のできる基準が
必要となります。

それが、商法の適用範囲の問題となります。

同じようなケースでも、商法と民法の、どちらが適用されるかによって
差が生じます。

多くの場合、商法が適用されるのは、「商人」と「商行為」についてに
なります。

商法には、企業の取引について、民法とは異なる規定が設けられています。

また、その商法が適用されるかどうかを決めるのは、「商人」と「商行為」に
なります。
 

 

◎関連記事
 ・商法とは・・
 ・商法総則とは・・
 ・会社法とは・・

(記事作成日、平成29年4月10日)



 

ご連絡先はこちら

小林弘明税理士事務所

053-474-0119

浜松市中区中沢町29番11号
FAX 053-478-0778
メール hamamatsu.c@gmail.com
お問い合わせの詳細はこちら